第16回 北九州市書道連盟代表作家展
第16回 北九州市書道連盟代表作家展が令和元年8月24日から9月1日まで、
北九州市立文学館にて開催されました。
今回は新年号「令和」の典拠となった、万葉集にちなんだ文言などを題材とした
「漢字」「かな」「近代詩文書」「大字書」などの作品を展示。
北九州を代表する70名の書家が、見応えのある力作を発表しました。
会 期
令和元年8月24日(土)〜9月1日(日)
会 場
北九州市立文学館 企画展示室
 第57回北九州芸術祭書道部門は4月2日(火)~7日(日)までの6日間、桜が満開の北九州市立美術館に於いて開催されました。4月1日の開会式では発表されたばかりの新年号『令和』の揮毫が行われ、会期中エントランスホールに飾られました。今回の出品数は291点、受賞者は82名が表彰されました。
会 期
平成31年4月2日(火)~7日(日)
会 場
北九州市立美術館 本館


4月10日(火)~15日(日)リニューアルされた市立美術館で市制55周年記念第56回北九州芸術祭を開催いたしました。 今年の出品点数は318点。市制55周年記念賞も加わり105点の受賞となりました。 書道連盟では市制55周年記念事業として、4月15日(日)の授賞式に併せて記念講演を開催致しました。
会 期
平成30年4月10日(火)〜15日(日)
会 場
北九州市立美術館 本館

北九州書道連盟第十五回代表作家展が平成29年10月4日〜10月9日まで、北九州市立文学館に於きまして開催されました。
今回は“文学”をテーマに顧問・参与・参事の先生方をはじめ、北九州を代表する69名の書家の力作を発表。作品サイズ、軸装、額装、書体など多彩で見応えのある作品が展示されました。
会 期
平成29年10月4日(水)〜9日(月)
会 場
北九州市立文学館 企画展示室


第55回記念北九州芸術祭総合美術展書道部門が、平成29年5月17日(水)〜21日(日)までの5日間にわたり、昨年に続き門司区の旧大連航路上屋で354点の作品を集め開催されました。


第54回北九州芸術祭総合美術展書道部門は、市立美術館が耐震工事中のため使用できず、門司区の旧大連航路上屋に会場を移し、平成28年4月13日(水)〜17日(日)まで338点の作品を集め開催されました。
会場の勝手が違い会議室まで使用することになり、少し窮屈な感じの展示もありましたが、公募作品は全体に広々とした展示場で見ごたえのある芸術祭になりました。



書道連盟理事以上により北九州市書道連盟代表作家展が、平成27年12月9日(水)〜15日(火)の日程でリバーウォーク5階で開催されました。 今回は北九州市の友好都市である釜石市の皆様と、東日本大震災で被災された皆様へ元気を送りたいと願いを込めた66点の応援メッセージ色紙展でした。
展覧会終了後、色紙は釜石市に贈り、平成28年2月27日〜3月15日までイオンタウン釜石2階イベントスペースで、釜石市藝術文化協会主催「北九州市からの贈りもの おひまさま色紙展」が地元の皆さんの色紙と共に展示されました。
終了後は、公共機関や希望者に贈呈されました。
2016年2月27日
三陸ブロードネット『ウィークリーダイジェスト』にて
展覧会の様子が放送されました。


第53回北九州芸術祭総合美術展が、桜満開の平成27年4月1日、北九州市立美術館において開幕しました。
書道部門は4月21日(火)〜4月26日(日)の期間、公募展を開催しました。
出品点数は355点でした。一般部の出品は少し減少しましたが、高校生の出品が増え若者らしい躍動する作品が展示されました。
第52回北九州芸術祭作品書道代表 第52回北九州芸術祭作品書道無鑑査 第52回北九州芸術祭作品書道高校生
第47回北九州芸術祭作品書道招待 第47回北九州芸術祭作品書道一般公募